精進料理

私は京都に数自由十年間修行して、今振り返ってみると京都の料理屋さんの歴史と文化を学びました。

まずは、先付けで大根の土佐酢漬け今から旬の銀杏松葉添えで


前菜は秋の吹き寄せです


お造りは精進料理なので、平目の昆布〆で


蓋物は蟹真丈です


炊き合わせは、具沢山の揚げ出し豆腐で


変わり鉢は、のびるの卵とじです


酢の物は、若布としらすの若布添えで


ご飯物変わりに、〆鯖です


中身は・・・


京都献立では、デザートの事を水物(果物)と言いその後におうすに甘味の料理で、いまから最盛期を迎える焼き栗のきんとんです


少しづつ世間のペースに慣れつつある僕ですが・少しづつ前を向いて頑張って行きますのでこれからも、宜しくお願い致します・・・!

有難う御座いました。

皆様方の応援クリックが励みになります。
https://blogs.yahoo.co.jp/taiyoumegumi2011098/15865518.html ヤフー・ブログへ・・・!

https://food.blogmura.com/sousaku/ranking.html バナー ポチッとクリックして頂けたら幸いです。





by 0701yuujimegumi | 2017-09-21 09:06 | 日々の出来事 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 夢へ向かって 鯉釣り >>