小さな芽を探しに(2.14)

朝一で

雪の残る側面を見て


不と足元を見ると


春を待ちわびてる様に思え


生命力を感じ・木々達が静に立ちつくし


少し晴れて来て


石階段があり


昇って見ると


玄関さきに守り神様があり


シーサー?


誰も居ない公園


さざんかが・・・


近づくと春の香りがして


パンジーが美しく


土の香りがして


降りて見ると、雪解けの静けさが今僕には・心地よく


誰にも会わない・せせらぎの音に癒されて


遠くに見える山が、何か言っている様に感じ


こんな、静けさが僕は好きです。

いつも、最後まで見て頂き有難う御座います。

今後とも、宜しくお願い致します・・・!

ポチッとクリックして頂けたら幸いです。

https://blogs.yahoo.co.jp/taiyoumegumi2011098/16087281.html ヤフー・ブログへ・・・!






by 0701yuujimegumi | 2018-02-14 01:21 | 日々の出来事 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 朝市と料理です(2.16) お造り(2.12) >>