自然の恵み(2.26)

自然の恵み

で、土筆が芽生え


先付けは、のびるの辛子酢味噌掛けです


春の前菜盛り合わせで


お造りは


伊勢海老のお造りと


伊勢海老のグラタン・磯の香りです


土筆は


車海老と土筆の卵とじで


新筍は


蟹の茶巾蒸しと、新筍の炊き合わせです


露蕗は


松花堂弁当のあしらえに


天然のたらの芽です


大きい葉を天婦羅に


合肴は、鴨のオレンジ風味にラシスシャワーで


ご飯物は、雛寿司です


水物(デザート)は苺を裏ごしして


桜風味のゼリー寄せ・苺ソース掛けです


鉢盛りの準備で、京人参(金時人参)の旨煮です


自然の恵みを盛り合わせてみました


プチトマトが、朝露に・・・


ここにも、小さく静かな自然があり


いつも、最後まで見て頂き有難う御座います。

時々思い出す言葉がありまして、私事ですが・亡くなった祖母の言葉で「俺が俺がの(が)を捨てておかげ・おかげ・の(げ)で活きろと言っていたのを、思い出す時があります。

皆様方今後とも宜しくお願い致します~~~!

にほんブログ村へポチッとクリックして頂けたら幸いです。

by 0701yuujimegumi | 2018-02-26 00:44 | 日々の出来事 | Comments(2)
Commented by cocomerita at 2018-02-28 17:19
Ciao ケントさん
うほほ、、今日もひたすら 美味しそう
四季を取り入れ まさに俳句短歌の世界でもある
素晴らしい絵を描く、見事な曲線の彫刻を彫る、美しい音楽を奏でる
お料理もまさに芸術ですね
そうですよね
人間の六感の見ると味わうを同時に刺激するわけですから

日本が、とりわけ 都会がどんどん正気を失っていくのは、皆が本当の食事をしていないからだと思っています。
舌はそれを感じる脳に一番近い機能なのですから、そこへ 知らない誰かが自動的に作った保存料だらけの出来合い食品ばかり流し込んでいたら、脳の健やかな成長など望めないでしょうから、。

春だと言うのに、ローマは冷え切っています ぶるるる、、、
Commented by 0701yuujimegumi at 2018-03-01 08:12
> cocomeritaさん
有難う御座います。
日本は四季がありだんだんと春らしい魚や野菜が入荷する
様になりました。
そうですねー・今保存料を使った料理がスーパー等で
売られる時代です。私にはいいのかよく分かりませんが
体にはあまりよくないと思います。
ローマは冷え切っているとの事ですが
お体ご自愛下さい。
今後とも宜しくお願い致します・・・!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 初めての場所で(3.1) 小さな春を(2.24) >>